山と海

山が住まいで海が遊び場
<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2009振り返り
月日の経つのが年々早まるもので、もう!今年も終わり。
牛の絵の年賀状、この間印刷したところなのに?
しかも、2010年は平成何年?って、計算出来なくなってしまってます。
・・・ただの老化現象なのか、いわゆるアルチュウハイマーなのかは定かではない^^;

と言うことで、一年間の写真を並べて、あれこれ想い出してます。

a0030715_9425524.jpg


去年の今頃だったでしょうか。
まこさんと、えべっさんのトリオで釣行。アジの美味さにはまりましたね。

しかぁ~し!
がっちょさんと言えば、メバル?
メバルカップの4回目は、念願のエントラントにさせてもらいました。入賞はほど遠く、壇上の方々を羨ましく拝見させてもらいましたね。
a0030715_9262671.jpg



で、関西投げ釣りの牽引役
中本さんと竿を並べて楽しめました。
a0030715_9301914.jpg




メバルを狙っても、メバルは釣れ無い時もあり、そんな時は
a0030715_9311334.jpg


ガシラ掘りで溜飲?

そうそう、尺に数ミリ足りないメバルが釣れました。
a0030715_9333122.jpg


大阪の波止でこのサイズが出るようになったのは、松食い虫で枯れた松山が、再び緑に戻った証でしょう。


a0030715_934132.jpg


魚の料理でやけどして、釣りに・・・行けなくなることもなかったですが、つらい風や雨の時も多かったです。
a0030715_9352644.jpg


雨中で笑顔、えべっさん、ありがとうさんでした。

ありがとうと言えば、新しいお友達も増えました。
a0030715_9363217.jpg


ブルース小林氏

a0030715_9371580.jpg


ゴージャス鵜飼氏

あ・・お二人とも適当な名前付けて済みません。
特に意味はないので、ご希望が有ればいつでも変更します。ってか、自己申告願いますわ^^

a0030715_939463.jpg


まぁ、台風後の海で、爆!もありましたが、釣果はそこそこ、記憶に残る釣りが出来たのが一番嬉しいですね。

皆さま、良いお年をお迎え下さい。
そして、来年も安全で楽しい釣りが出来ますように。
[PR]
by gacchosan | 2009-12-31 09:41 | 釣り | Comments(4)
釣果は満足なんだけど?納竿
前回の記事から、年内再戦を決めていた。

28日、仕事納めの後、名阪国道を走っていく。
関から伊勢道、勢和から尾鷲方向に向かい、最終出口で降りる。
そこから20分ほどで、渡船の出る三浦につく。

待合所の駐車場で仮眠していると、あとから2台の車が入ってきた。
そろそろ準備しなきゃ。
車から出ると、「ぶるっ!」
気温2度。
やっぱり寒いな。

寒さに負けてウエーダーを着たが、陽射しが有れば暑くて仕方ないかも?

午前6時、船長が軽トラで迎えに来てくれた。
「風はあるけど、今日は凪や。K島いくかぁ?」

はいはい♪

グレを釣るなら、周辺の港から出る釣り場で、40cmクラスがコンスタントに狙える。
一方ここ三浦は、40cmクラスは年に数匹出るくらいで、30中盤がええとこだ。
しかし、一級釣り場のA級ポイントは、多くの釣り人で取り合いになったりする。
気が弱く、くじ運のない私が行くと、ベラ釣り場に上がる事になる。
いや、上手い人ならグレを釣るんだろうけど、私にはベラしか釣れない場所というのが正しいか?

三浦の釣り場は、主に鈴島という大きな島回りにある。
海野向きに「コテサキ」、水道を挟んで「コテのハナレ」そこがこの渡船区のA級磯だ。
大きなワンドを挟んで、港寄りにあるのが「ビシャゴ大島」ここはNO.2のポイントかな?
コテサキの手前にある低い岩場が「コテシマ」
好んで上がる人は少ないだろうが、私の好きなポイントである。

いくつかの切れ込みがあり、そこから出るサラシに撒き餌を乗せて、沖の潮との合流点(大きなシモリが沈んでる)付近で、ギュン!と来るのがいつものパターン。

で、今回は・・・
ベタ凪ぎでサラシなし@_@!
強風が左から吹き付け、潮は左に結構早いときた。
軽い仕掛けでは、風に負けてしまい刺し餌が浮いてしまう。

パイロットセンサーを付けて、G6のオモリでセンサーを沈めてみる。
もうちょい沈んだ方がええんやがと、仕掛けを重くすると大きなキタマクラが連発した。

再び軽く調整したら、ギュン!
竿先をひったくって行ったのは
a0030715_8352230.jpg


コッパ尾長。
22~3cmだけど、よく引いてくれる。
もう一回り大きいのが欲しいと、撒き餌の帯から少し離すと、ギュ~ン!と竿を持っていって、尺グレゲット。
おっしゃ~!
風上に竿先を向け、道糸を飛ばされないようにする。
時々、2番や3番ガイドに道糸が絡みそうになるのを、竿先を海に浸けてほどいてやる。

気を付けんと、穂先やってまうな・・・


仕掛けを入れる。
風に押されてウキは止まっている。
風下の潮上から刺し餌が沈み、パイロットウキが次第にウキの潮下に移動する。
仕掛けが馴染むと、刺し餌とパイロットウキがウキを引っ張りはじめる。

緑のパイロットウキが走ると同時に、ウキが走り竿先をひったくる。
グイ!
ガキ!
ギューン!
ほ~ら来た。

って、何か感触変だったけど?
32~3cmのグレを玉網で掬うと、ウキのトップに黒い輪っかがある。

やってもた~。トップガイド(T_T)


エエのが釣れたけど、ちょっとブル~・・・

スペアの竿に変更して続行すると、また変な感触と共に、ウキの頭に輪っかが乗ってる。
a0030715_8474179.jpg



スペアの竿までやっつけてもた。



2番ガイドを思いきり差し込んで、そこから出てる穂先を折り取る。
簡易トップガイド・・・

おのれ、今宵の(いや、昼だけど?)名刀村雨は(いや、今は無きNFTの磯スペやけど?)暴れるぜ!

おりゃ~!
どりゃ~!

25cm級が空を舞う。

陽射しで、ウエーダの中はムレムレ。
正午にはもう充分と納竿です。
a0030715_858462.jpg


30cm前後だけ、10枚残してあとはリリース。


釣果は満足。
穂先は。。。ちょっとイタイ(>_<)

これにて2009年納竿

渡船は、潮福丸
0597-49-3261

他の釣り客も、似たようなサイズのグレ上げてましたので、今ならどこでも釣れるんとちゃいますかな?
[PR]
by gacchosan | 2009-12-30 08:57 | 釣り | Comments(3)
時期はいつ?
中紀海水浴場に欲情・・・ちゃうちゃう。
この夏、中紀海水浴場を回った時、渡船の中から見えた場所は、「あそこ面白そう!」だった。
想像ではあるが、イカがおとなしい時期に行けばきっと釣れるはず。

冬か、春か、初夏か・・・

出撃のチャンスを伺いつついると、この寒波である。
大阪湾の水温も、早くも10度を切るところもありそう。
さすがの中紀も、イカが活動出来る水温では無くなりつつある。

いっぺん、行ってみるか?

と言うことで、25日21時に中紀入り。雨・・・

砂浜から砂利浜、そしてシモリ混じり後地磯に続く、一般的なロケーション。
船から見えたのは地磯の部分であったが、今日はサーフのみでやっつけたい。

砂浜・・・たぶん魚が居てもフグだけだろうな。の予想に反し、フグも居ない。
砂利浜・・・同じ
シモリ・・・3回根掛かりしたけど、魚の気配なし。

開始30分、この釣り場を諦めて、次の浜に移動。
こっちは両端が地磯。
端から端まで歩いて、フグが一回ハリをかっぱらってくれただけ。

移動・・・

道路沿いから、岩礁帯先を狙う場所。
ガシラなら・・・と思ったが、予想通りミニガシラの他、オオスジ君が数匹。


ここでメバルんるん&ガシラんらんを諦めて、足元狙いに切り替えて、石積みの波止。

う~~ん・・・この時期の虫餌は辛い。
エビを撒きたい!

モチベーションを無理矢理保ったけど、オオスジ君だけ反応してくれる状況に遂に・・・

最終決戦の場に移動した。

(中略)

気が付くと夜が明けていた・・・



※略の部分は、機会があれば・・・(笑)
[PR]
by gacchosan | 2009-12-27 08:14 | 釣り | Comments(5)
こんな日は・・・
22日夜は、職場の忘年会。
どうせ車なんだから、飲めませ~ん!

ウーロン茶で時間を費やし、21時過ぎ中締め。

車に飛び乗り、びゅ~~んと海へ向かいます。
エサは、先日の残り物?手つかずのアオイソメ1パックが、車の中で放置されてる・・・一応、パック越しにプニュ・・と押してみたら、動いたので生きてるはず!?


釣り場着、22時20分。
満潮は19時頃なんで、下げ五分ってとこ?
普通のテトラ釣り場なので、エビも撒かずに、虫餌で何とかなるのかなぁ?



で、2時間弱頑張って、ミニメバル1匹。
この釣り場を諦めますが、さて、どのように考えて次の釣り場を決めるのか?

歩くの嫌やから、車置いてすぐのトコ。

まぁ、このところ海は大荒れ、得意の浅場に魚が居るはずもないが、久しぶりの凪ぎの夜には、魚が戻ってくる奴もいるやろ(甘い考え)・・・かも?かも??


エサそのままで、ハリに乗らないアタリに翻弄されますが、ミニミニメバルなんかな?
しつこく敷石の切れ目を流して、18cmほどのガシラゲット。
今日はこれで上出来やね。

ミニガシラに、ヒガンフグにウミタナゴ。

なんやかんやとアタリますが、ガッツポーズの出る奴はおまへん。
a0030715_20274663.jpg


「もう3時ですね」
同行者の声に、一気に寒くなる。
そう言えば、今日は防寒着忘れてたんやっけ・・・
さむ~~~!

皿に載る2匹だけいただいて、帰りますか・・・
[PR]
by gacchosan | 2009-12-23 20:16 | 釣り | Comments(5)
こんな日に・・・
温暖化。

平均気温が上昇するけど、すっと暖かいわけでなく・・・大雨が降ったり大雪になったり。

とは分かってるけど、こんな急に下げんでもええんちゃうのん?

表のバケツ、氷張ってるわ!


と、気温はコロンコロンに着込むことで何とか出来るが、風はイカン!
a0030715_1295288.gif




日本列島に何本縞あるねんな。

ここで気象のおさらい。
気圧の高い場所から、気圧の低い場所に向けて空気が流れます。
等圧線の間隔が狭いほど、空気の流れは速くなります。
風向きは、低気圧に向かって時計と反対回りで、等圧線に3~40度の角度になります。
(でよかった?)

ちゅうことで、紀伊半島は西北西の風、猛烈・・・でんな。


こんな日は、コタツに入ってミカンを食ってテレビでも見るのがお勧めです。
でもね、行かんと原稿のネタおまへんねん(T_T)
腹をくくって出撃の準備。

してたら、近所の不幸事でお通夜に参列決定。
夜中干潮なんで、出来るだけ潮の高い時間に行きたいのに・・・

8時前出発で、釣り場には9時半ごろ着。
えべっさんにお願いしておいたシラサと、青虫を受け取って着替える。

ネオプレーン製のウエーダー。
ナンボ風があっても寒くはおまへん!外気完全シャットアウトですわ。
上は久々に防寒着を・・・うん?
チャック閉まれへん?
a0030715_12191160.jpg



チャック固着(--;
ちゃんと洗って仕舞わんと・・・って、洗ったら防水無くなれへんか??

とりあえず、フォックで止めとこ。

そうそう、ポケットの中のジッポカイロ使お。
って、ポケットも開けへんやん(T_T)

この防寒着、穴開けて処分やな・・・しくしく




「びゅ~~~~~~~~~っ!」

立ってられないほどの風が吹いてます。
これだけの完全装備でも、1分で顔が固まります。


で、本日の釣り場は、テトラを降りると北西風が頭の上を抜けてくれる。
釣れるメバルは、まぁまぁのサイズが釣れる。

と言うポイント。

でも、この冷え込みの影響は大きいはず。
今日は、1匹釣れたら満足できそう。


エビを撒いて仕掛け作り。
そうそう、エビを撒く時どうしても手が濡れますね。
タオルで拭いても、タオルがすぐ濡れてあまり水を拭き取れなくなります。
で、新兵器・・・を購入しました。
使ってみると、結構ええ感じ。
もうちょいテストして発表しますわ(^^

1投目。
早速釣れるパターンの時が多いですが、ここで反応がないとテトラ際チマチマ釣りに手を替えます。
テトラ際で反応がないと、ウキ下を深く取って底を流します。

で一巡して、また撒き餌の中心からやり直し。
これで所要時間30分。
2巡して反応無かったら、釣り座移動というのが私のペース。

・・・ですが、同行者の居る時はちょっと押さえ気味になりますな。

2巡目の1投目。
赤い電気ウキトップがチョン!と揺れる。
「お!来たな?」
そのままゆっくり潮上に滲んでいく光。
「これこれ!これが嬉しいのよ!」
と、竿を立てると、ギュイン!と魚が走ります。
おっとっと!
何じゃコイツ?
セイゴみたいに走るやん。
2度3度リールを巻いて浮かせます。
一度浮かせた物の、抜ける目方ではないので玉網に手を伸ばすと、ここでもう一回潜って抵抗します。
うん?チヌかぁ?

玉網で掬い上げると
「やってもたんちゃいます?」とエベッサンの声。

もしかして?と、縞のあるガシラを期待したけど、縞のない普通のガシラでした。
ガシラらしくない走りに騙されましたわ・・・
a0030715_123917.jpg



お腹スリム。
オスでしょうかね?


一匹釣れたけど、メバルの反応がない。
メバルはどこだ?と、タナと流すラインを変えて行くと、遠目の底近くで何者かがエサを昇天させおった。
ガン玉G3追加で、ウキの浮力を殺す。
再度同じラインに・・・

と、スルスル・・・
来た~!

a0030715_12421383.jpg


メバルでござる。


エベッサンも、20オーバーのメバルを引っ張り出しましたが、ピンポイントに何度か送り込んだら食ってくれる展開。
沖の底、足元のテトラ際1ヒロでと、食う場所はまちまち。
撒き餌を拾いに集まるような事はありませんでした。

干潮でアタリはないし、露出したテトラの蛎殻に仕掛けが引っかかるし、そのたびハリの結び替えやし、指は動かんし・・・
エベッサン、撒き餌が終わって戦線離脱。
ほな、今日はこのへんで・・・

アオイソメ1パック残ったのん、次の出撃まで持つかな??
[PR]
by gacchosan | 2009-12-19 12:47 | 釣り | Comments(4)
生かボイルか
集魚材

名の通り、魚を集める目的で撒き餌混ぜるもの。


これまで色々と、それこそ釣行のたびに銘柄を変えて使ってるけど、「これでなきゃ!」というのがなかった。
ただ、このところお気に入りのものがある。

白チヌ
アミノX遠投
グレパワーV10-SP

など。

何が良いって・・・
香りがいい。
ヨーグルトというか、バニラというか、とてもいい香り。

ニンニク入りとか、強烈な匂いで魚を寄せるという物より、釣り人側が気分良く釣れるのがいいのです。


さて、そこで問題となるのは集魚効果。

何年も前になるけど、生のオキアミ使用禁止とか、集魚材禁止という渡船屋さんが増えだした。
代わって出たのが、ボイルオキアミ。

ボイルすることで、脂肪分が抜けて、魚(この場合グレ)が満腹にならずに釣れ続けるんだそうな。
また、集魚材を入れると、水分を持っていくので浮かぶ餌になって使いにくくなる。
(良く見かけるカモメの鳥山が立ってる奴ですな)
ゆえに、バラバラ撒くしかありません。

で、餌取りが寄らず、本命の大きいグレだけが釣れます!という魔法の餌が出現した!?

餌取りが寄らない・・・
集魚材・・・

何か変・・・

魚を集めたいのか、集めたくないのか?
どっちやねん(--;)


まぁ、私の好みで言うと、ボイルは足元にしか撒けないので、撒き餌の溜まる場所まで流して釣る釣り方が有効になるけど、ひとつの磯でそんなポイントは1箇所だけ。
うまくポイントに入った人だけ釣れるようになり、他の人は撒き餌係になる事も多いのでは?

ちょっと遠投して、沖の潮筋にあるシモリを狙うなんて、生オキアミと集魚材がなきゃ、私には無理だから。

ボイルしかダメって渡船には、乗ることはないだろうな~。
[PR]
by gacchosan | 2009-12-15 22:30 | 釣りエッセイ | Comments(3)
欲を言えばきりがない
やっと磯に行ける!うれし~な~。

で、釣行前日の夕刻、渡船店に電話した。

「あ~、もしもし?明日2名行きたいんですけど?」g

「明日かいな。明日は船出せんぞ。」渡

「はい??」g

「波が凄くてな、今日もお客さん、早上がりで帰ってもろた。明日はまだ波おさまらんよ。」渡

(天気図では、現在低気圧至近距離通過中。なるほど、この波やな)

「北西吹いたら、ベタベタになるんやが、明日後半からやろ。」渡

(てことは、荒れた時にいい「T島」もアカンのか?)

「T島でもアカンかな?」

「T島・K島ならいけるいで。」渡



と言う、何やら無理矢理船を出させるような感じで、釣行決定!


23時にエベッサンと合流し、上野から関、そして伊勢道へと走る。
久しぶりに走ると、尾鷲方面への高速が延伸されてた。
うん?これより先に行ったら、餌屋さん(三原さんの釣りエサ市場)過ぎるんとちゃうやろか?
まぁ時間あるし、戻ったらええか。と、最終出口に着くと、IC真横に餌屋さんが出来てた@_@!

ここでもええか。

餌を買う。
(ちなみに、生オキアミ派である。オキアミは集魚材と混ぜ混ぜせねばならぬ)
撒き餌用オキアミを、砕いて詰めた「ツブシ」というのをいつも買うのだが、見あたらない。

「解凍したのは置いてない?」g

「ありません」店

「じゃ、クラッシャー(冷凍オキアミをガリガリと砕く機械)はある?」g

「あります」店

と言うことで、オキアミ2枚とええ匂いのする集魚材を買って店を出ると、バッカン(コンクリ練り練りする入れ物)とスコップはあるが、機械は見あたらない。

えべっさん、店に入り聞き直すと、「あぁ~機械のことですか?・・・ありません」



ゴリゴリと、カチンコチンのオキアミを砕こうとするが、氷を削るのと一緒。
釣り場で解凍して混ぜればいいが、準備完了で渡りたい。
昔は、釣り場で解凍して、ブーツで踏んづけて細かく潰してたが、時は流れ餌屋で混ぜておくのが常識となった。贅沢になったなぁ。
と言うわけで、道中の港に車を横付けし、オキアミ解かしの網に入れて海に浮かべる。
20分ほど放置したが、港内の水温が低くなかなか解凍出来ない。
無理矢理固いの砕いたら・・・
a0030715_10474524.jpg



スラーサー破壊(涙)

ええかげんに集魚材と混ぜ混ぜして、渡船屋さん駐車場に到着。

やれやれ、仮眠時間がほとんど無くなったがな・・・


着替えと準備を住ませた頃、船長が迎えに来てくれた。
「折角やから沖行ってあげたいんやけどな~。やっぱり無理やわ。」

と、予定通り湾内のT島に降ろしてもらう。
「撒き餌撒きすぎたら、ちっこいの湧くから気ぃつけてな」渡
と言い残し戻っていった。

「今日の目標、25cm以上ね。キーパーは23cmにしときますわ。」g
「一夜干しも興味あるので、20cmくらいからキープしても??」え
(船長の言ってた「ちっこいの」は20cm前後のやつのことやろ・・・捌くの大変やぞ?)

さて、0号固定のウキをセット。道糸1.75、ハリス1.7。
この場所ではオーバースペックやな。
で釣り開始。
潮は右から地方に押している。
沖に出んかなぁ?

撒き餌を少しだけ撒いて、仕掛けを合わせる。
ピュン!とウキが沈んで、15cmグレ。
ほら、本命・・・
続いて25cm。
うっしゃぁ~!来たぞキープサイズ^^v

えべっさんに、メバル・・・
あのね。今日はグレ釣りね(爆)

グイーン!と、玉網出動で30cm。
うひゃうひゃ^0^

えべっさに、ササノハベラのデカイの。

手のひらのグレ釣れ続くが、もうちょい大きいのをと、撒き餌から外して深めを探る。

えべっさん、キープサイズグレを混じりながら、色々釣ってはります。これもベラですか?と、黄色い帯のあるカンダイ子供。
なるほど、それでよう引いたんや。と納得。

「gさんどうや?kに変わるか?」と船長が見回りに来てくれた。
いや、まだ8時なってないし・・・
コッパ釣れてるから、ここでええよと返事すると「濁り入ってるから、チヌ来るかもしれんので気ぃつけてな。じゃ1時に迎えにくるから頑張って」と戻っていった。
今日の客は私らだけ。まるでチャーター船やな(^^;

9時を回ると、撒き餌に反応するのは、6~8cmのミニグレに変わった。
沖にはおらんやろ?と、思い切り遠投したら、沖でもピチャピチャ跳ねてます・・・
ならばシモリ際は?と狙ったらササノハ・・・

北西風で、上潮が逆に流れるので、水中センサーウキを付けると、また手のひらサイズが釣れだした。
お土産になりそうなのをスカリに入れて、リールを巻かせてもらえないような奴を期待したけど、とうとうタイムアップ。
a0030715_9193512.jpg



「どや?24~5のん釣れたかいな?」渡
「何とかそれくらいは釣れましたわ。30越えも混じったので、楽しめました。無理言って渡してもらってありがとう」g

最近は、日曜でもお客さん8人くらい。何とか頑張ってるけど、船壊れたらもう終わりや。
船長、そんな淋しいこといわんと頑張って続けてや。また来ますわ。

チヌの宝庫と言われた場所、ここ数年ほとんどチヌが釣れないらしい。
たぶん、チヌイカダで飼い着けした影響ちゃいますか?


他地区の沖磯に渡ると、もっと大きいグレが期待出来るけど、30cmくらいのグレがハズレ無しに釣れるところは少ない。
ここの磯は、手堅くそのサイズが楽しめるのだ。
私にとって、ものすごく有りがたい釣り場だ。

たまにマダイなんか混じるから、それを期待しちゃうんですけど、欲を言えばきりがないからね。
a0030715_9201078.jpg




業務連絡
「で、山口さんは元気しよる?」渡
と気にしてはりましたよ~
[PR]
by gacchosan | 2009-12-13 09:20 | 釣り | Comments(5)
正直無いやん?
3部作完結編・・・
と言うことで、3度目の正直を求めて先週の釣り場へ。

振り返ると、1回目は様子を見に行った感じで、小型が多い物のメバルのストックの多さは確認出来た。
ただし、期待したアジは居らず、タチ屋さんも暇そうだった。
a0030715_13481399.jpg



2回目は、エビ撒きで入れ食いにしようと考えたが、小型が浮くだけだろうと思いとどまり、アオイソメで良型のつくポイントを、端から端まで探ってみた。
潮の澄みすぎなのか、ちょっと沖目の深場で居食いするような活性の低さに、拾い回るも待ちの釣りで「釣った」感のない釣果。
a0030715_13483640.jpg



で、今回は・・・
やはりエビを撒いて活性を上げよう!と、シーズン初のエビ撒きです。

釣り場について、前回数匹のキープサイズが獲れたポイントへ入り、エビを撒いてから仕掛け作り。
いつもの仕掛けを作って、さぁ、餌を付けて・・・
う~~ん・・・餌が見えぬ。。。
手の感触でだいたいの付け方。ええんかいな^^;

メガネしたら足元が見えんし、どっちにせよ手返しが遅くなりますな。

ツツツ・・・
1投目から早速メバル19cm!
よっしゃ!活性高い!
イケルでイケルで~~~とテンション上がって、2投目。
こんどは18cmほど。
ええやんええやん!
とニコニコマークみたいに口元は上がっていくのであります。

2~30は軽いな。
と思った3投目、10cm・・・
あちゃぁ~(>_<)来てもた。
その後テトラ先はちびっ子運動場。
浅いタナにしても、深くしてもチビ。
沖の深場や、ずーっと潮下まで流して、たまに当たればちびっ子。

ちび5匹にキープサイズ1匹が混じるくらい。

テトラを5つほど移動して、立ち位置を変えて流し込んだり・・・でもアカン。


200mほど移動。
ここでも2匹ええ型を拾うと、チビ。
撒き餌をやめてテトラ際を探ると、フグ(T_T)

再び移動100m

ここならハネも出そうな感じなので、撒き餌と仕掛けを潮に乗せる。
沖の潮筋。。。アウト
チョイ手前。。。ツン!ツツツ・・・これはええ型のアタリ!と、掛けたら何か暴れ方が過激。
なんじゃ?セイゴか??
抜いたら、アジ。
先週までケの無かったアジ!
エビ撒きでアジ。
釣れなくはないが、ものすごく掛けにくい。
a0030715_1441895.jpg



2匹目、3匹目とヒットするが、アタリの間隔は長い。
アオイソメ持ってきたら良かった・・・

結局、ハネは出ないし、大きなメバルもありません、アジも3つと中途半端な盛り上がりのない釣りでありました。

a0030715_1435038.jpg


ま、こんなもんかなぁ~・・・
[PR]
by gacchosan | 2009-12-05 14:04 | 釣り | Comments(10)


by gacchosan
プロフィールを見る
画像一覧
my homepage&お気に入り
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
フォロー中のブログ
最新のコメント
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧