山と海

山が住まいで海が遊び場
グレの昆布〆っぽいの
放置気味のブログでございます。

久しぶりの昼釣りで釣れたグレ

3枚におろして、少し塩をしてキッチンペーパーでくるんだ。
熟成させるつもりだったけど、どうも塩が効きすぎてしまったぽい。

水で洗い流すのもいかがなものか?と思い、酢で洗ってみた。
ついでだから、洗った後は昆布でサンドして昆布〆っぽくしてみた。

時間にして数時間。

これが旨かった^^

写真撮り忘れたけど、結構ええ感じ。
今後の引き出しにくわえとこ。

さて、釣ったのではないけど、新鮮なカワハギが手に入ったので、初日は薄造りキモあえと、鍋。
食いきれなかったので、翌日も鍋。
サッと熱湯を通しておきます。

あとは、田辺で仕入れた「ヒトハメ」(ヒロメ)
葱は白髪ねぎっぽく(青いところもあるもんね)細切りにして準備完了。
a0030715_12402072.jpg
写真撮ってからニンジン乗せたら色合いがよくなったけど、まええか。

ヒロメはもう少し育ってからの方が歯ごたえがあっていいみたい。

そういえば、ワカメのシーズンですな。
ワカメ狩りがてら、ガシラ堀にでも行きたいね。



[PR]
# by gacchosan | 2017-02-21 12:52 | グルメ | Comments(2)
狙ってたジャンボサイズ
西寄りの風がものすごい中、風裏になる熊野方面へお出かけ。

a0030715_10535529.jpg
33㎝というジャンボサイズのガシラが釣れました。
自己記録になります^^

さて、クリスマスイブ。
我が家の夕食は、ステーキでもなく魚!
ガシラ鍋!

だけではイマイチ盛り上げらない。

いつものように裏庭に出て
a0030715_10540076.jpg
ゆず、三つ葉、わさびの葉っぱを取ってきた。

仕込み仕込み~
だし汁300ccに、塩と醤油ほんの少し。
卵2個をといて足す。
冷凍室にあったエビに、先日もらった銀杏、かまぼこ。
あとから、ガシラの切り身
三つ葉の軸を刻んで放り込み・・・
a0030715_10540486.jpg
ゆっくり蒸し上げると
a0030715_10541690.jpg
ええ感じ~

a0030715_10541160.jpg
鍋用に捌いたのと、刺身用、正月の刺身も真空パックで冷凍完了。
内臓だって、肝、胃、浮袋、卵に白子(ガシラの白子初めて~)

塩水で洗って、ボイルして
a0030715_10540801.jpg
焼き肉のたれで炒めます。
臭み?全くないし、めっちゃうまい。
a0030715_10535067.jpg
テッサみたいに薄造りして、ネギと一緒にポン酢で。
さすが、これだけ薄く切っても歯ごたえ抜群。
鍋にした、カマのとこなんて、もう魚じゃなく肉?
いやぁ~大きくなると大味になるのが普通だけど、筋肉ムキムキ根魚はうまかった。



[PR]
# by gacchosan | 2016-12-25 11:11 | グルメ | Comments(2)
とこねん&はんどこ
私が子供のころ・・・だから、ほぼ50年ほど前のこと?
我が家は門の横に、馬屋(馬ではなく牛がいた)があり、玄関を入るとそのまま裏に抜ける土間があった。
土間の奥には、へっついさん(かまど)のある炊事場があり、左には畳部屋が田の字で配置され、階段から2階へ上がれた。
玄関入口の右手の上には、屋根裏部屋の倉庫があり、人間二人で抱えるくらいのブリキの巨大ドラム缶?=米の収納庫が置かれていた。

その後のリフォームに次ぐリフォームで、土間や炊事場は消滅。
畳の部屋が減り、フローリングの部屋が多くなり現在に至る。


さて、なんでこんな話を書いているのかというと、タイトルの「とこねん」や「はんどこ」と呼ぶ場所が分からなくなってきているから、ここに書いておくといつかは検索で引っかかるかも?と思ってのこと。

土間から畳を敷いた部屋に上がるには、段差が高すぎる。
土間は地上のラインであり、部屋は縁側の高さになるので、腰の高さくらいある。
上り下りには厳しすぎるので、まずは30cmほどの平たい石が置かれ、続いて床板を貼った場所がある。
へっついさんの対面から上がる場所にある、ちょうど一坪くらいの場所で、それを「とこねん」と呼んでいた。
農作業の休み時間に、ちょっと昼寝する場所という感じなので、私的には「床寝」から派生した呼び名だと思っているが、あくまで思い込みであるから、責任は持てません。

その手前の部屋に上がる場所には、ちょうどその半分くらい(一畳くらい)の場所があり、「はんどこ」と呼ぶ。これは「とこねん」の半分なので「はんどこ」なんだろう。


土間をフローリングにしたが、はんどこは昔のままだったため、冬になると隙間風が入って寒い。
日曜大工で床を貼ってやれ。

a0030715_16453959.jpg
製材所で、床板を作ってもらった。
厚さ21mmのしっかりした板である。

コンパネを貼って、その上にフローリングを貼ると安上がりだが、木にはこだわってこのサイズ。

元の板をはがすと、見たこともない金具で床板が止められていた。
細長い鳩のような形で、くちばしで板を抑える役割をさせている。
やるな~、昔の大工・・・

a0030715_16455442.jpg













はんどこ、撤去完了。

ちなみに、床下から
頭痛薬「ケロ・・」という薬の袋が見つかった。
風呂屋の桶で有名な「けろり・」?
汚れをふき取ると
「ケロサン」
なんじゃそれ?

後で調べよう。
a0030715_16454895.jpg













なんやかんやありましたが、はんどこ回収終了。

柿渋ぬろうか??




[PR]
# by gacchosan | 2016-11-15 17:14 | 日常 | Comments(3)
刺身は生け花と同じ?凡人の私
まだいける?と夏の魚を狙ったけど、さすがに11月。
海は秋になってました。

で、
a0030715_13250824.jpg















40センチ切るサイズが、3枚

帰宅後、家の周りをウロウロしてるとこちらも秋
a0030715_13251187.jpg














そういうことなら、秋にこだわりましょう。


渋柿の紅葉
モミジの枝ごと持ち帰り
a0030715_13260681.jpg




























こんな感じ。

うーん、凡人決定!?

[PR]
# by gacchosan | 2016-11-07 13:36 | グルメ | Comments(0)
磯魚評価
夏の夜磯
ギュンギュン竿を絞り込む魚がたくさんいるけど、手ごたえなく上がってくる魚も当然多い。

オオスジイシモチ
クロホシイシモチ
ネンブツダイ
なんかは、大口あけてでっかいハリをほおばってくるから困ります。

さておき、今回釣れたお魚は
イサギ
ヘダイ
イトフエフキ
コロダイ
ハタンポ
グレ
a0030715_943465.jpg


料理開始!
まずは刺身を盛る
a0030715_9434365.jpg


ヘダイは脂のってうまそう。
時期的にグレは期待できないな
ハタンポは面倒だけど、刺身にすべし

a0030715_946162.jpg

皿が狭くなったので、コロダイとイサギの湯霜造りは別皿に

a0030715_947725.jpg

イトフエフキは焼き切り。

a0030715_9475290.jpg

こんな感じで完成

家族の評価は、
第一位 ハタンポ
第二位 イトフエフキ

あとは、ふつ~・・・

らしい。

そろそろ、青物が欲しくなってきたなぁ
[PR]
# by gacchosan | 2016-09-04 09:49 | グルメ | Comments(0)
アユの差し入れ
「アユ。いる?今帰り道やねんけど」と連絡をいただき

「いるいるいる~~~!!」(半分発狂しかけのワシ)


子供のころ、東吉野の親父の知り合いが持ってきてくれてたアユだが、親父が逝ってからというもの、長いこと食ってないもんね。しくしく

基本、川魚はイマイチと思っているが、アユとアマゴは別。(たぶんイワナも?)

ニジマス、鯉、フナはいりません。。はい。



さて、冷やしたクーラーをもってわかりやすい場所まで受け取りに出向くと、ほれほれほれ~と、クーラーに放り込まれるアユ。
おお!ええ型のんおりますやん。
大漁でんな~


かくして、何年かぶりに天然のアユにありつけました。


気合を入れて料理しなくちゃ。


まずは、おなかをシュッと押さえて、消化された腹の中身を押し出します。
ヒレにしっかり塩を擦り付け、準備完了。
ミズナラの炭をいこして、パタパタ・・・と。
暑い暑い・・・

a0030715_176960.jpg


網に酢を塗り付けて、くっつかないようにと。。。。。

とっとっと・・・

その間に、庭をぐるっと回って柿の葉を枝からポキンと折っておきます。


パタパタパタと、うちわであおいで、ジュンジュンしたたり落ちたたら、裏返し。

柿の葉をかぶせて蒸し焼き風。

こうすると、柿の葉の焼けた香りがアユに付きます。

これがいい。

今年、某料理屋さんで学んだもんね。
真似できることはやらなきゃ損損。

a0030715_171012100.jpg


ちょっと皮がめくれたし、踊るように串は打ってないけどね。

これで十分。

う・・・うまい!


今度は黒い皿に、塩で川の流れを書こうか?(京都の床みたいに?)


差し入れありがとうございました。
[PR]
# by gacchosan | 2016-08-17 17:12 | グルメ | Comments(2)
強靭な皮
GW初日に釣ってきたグレ。

いつも通り、刺身に焼き切り、あら炊きにしました。


さ~て、食うぞ~

・・・


a0030715_1041152.jpg
a0030715_1042698.jpg


焼き切りは、皮が硬くて噛みきれない。
小ぶりなやつ選んで、かなりしつこく焼いたつもりだけど、なんで?

驚いたのはあら炊きで、あれだけ煮ても皮がゴムみたい。

刺身は?

そう、これまた薄造りにしないといけないほど固い身。


いやぁ、こんなグレ初めてですわ。
[PR]
# by gacchosan | 2016-05-05 10:12 | グルメ | Comments(2)
新芽の季節に
フキの佃煮が食べたくなる時期です。

畑(であった?)の一角で、雑草に負けず勢力を伸ばしているフキ。
隣では、何とか生き延びているアスパラ。
ダンボールで覆っておいた茗荷の出る場所には、白い新芽の茗荷竹が出始めました。
a0030715_12314811.jpg


鳴門産のメバルの薄造りを並べるとき、わさびの葉っぱを一枚撮りに行くついでに
a0030715_12311674.jpg

ワラビを少々持ち帰り、急速あく抜き実施。

小麦粉を溶いたお湯で、ちょっとだけゆでて冷ますと出来上がり。

灰をまぶしてお湯かけて一晩おく。なんて時間のかかることはできません。

a0030715_12341055.jpg


時間をかけずに、まずまずの出来栄え?


そうそうフキの佃煮ですが、フキを流水に晒してあく抜きをするのがいいようですが、何年か前にあく抜きをしっかりしすぎてフキの風味まで無くなったこともあり、去年からはあく抜きなしで作ってます。
この間、圧力鍋で作ったとところ、あくの匂い?が全体に回り、イマイチだったし、食感もやわらかくなりすぎました。
ですので、今回はあく抜き(流水40分)して、鍋で煮ること10分。のち圧力鍋の蓋をして、圧力がかかったtころで火を止めて保温状態に。
ええ感じにできました。

例年だと、次は梅干し作りになる見込み。

あぁ~
コメがうまい^^
[PR]
# by gacchosan | 2016-04-25 12:40 | グルメ | Comments(0)
くえ鍋食べに行ってきた
暖冬気味で春が近づいてきました。
庭先のフキノトウは、12月からつぼみが膨らんで、いつ咲こう?と待ち構えてました。
1月は冷え冷えになり、つぼみのまま時が過ぎ
2月になって、待ってました!と咲き出しました。
a0030715_13185927.jpg


日曜日の昼間、ちょっと摘んできて、そのまま天ぷらに
a0030715_13195045.jpg

昼間からビールをプシューっと^^やっちゃいました。


さて先日、クエ鍋を食いに南紀へ行ってきました。

どこに行こうか?
温泉の湯がいいところがいいな~

そういえば、昔、親父と一緒に行った温泉があった。
湯治場で、長期滞在される人の多い温泉。
湯はいいはずだ。
しかも高速が伸びて、めっちゃ近い。

椿温泉にあるつばき荘


部屋数4部屋の小さなお宿で、女将さんが一人で切り盛りされてます。

温泉に入ると、普段あまり長湯をすることがない私なのに、「もっと入っていたいな」と思う温泉。
食事時間が迫っていたので、風呂から上がるといよいよクエ鍋。
おまけに付けていただいた焼き魚が、脂ののった魚でうまいうまい!
同行者は、人生で一番うまい焼き魚かも?と言ってました。

メインのクエ鍋に持参した生わかめを入れる。
クエ鍋で一泊13000円ほどという値段は破格です。
どうせ、切り身が2切れくらいとか、冷凍とか?
期待してなかったが、量はたっぷり。22kgのクエということで脂もたっぷり。
鍋を食ってると、唇が脂でヌルヌルしてくるほど。

食後は女将さんが、そこにあるの勝手に飲みなさい。と、冷蔵庫からチューハイ出して魚料理のあれこれで盛り上がりました。

クエ鍋始めて18年。
値段はずっと同じ。
あと数年で宿を閉めようと思ってると。

旅行サイトかれでなく、HPから予約してもらいたいとか。
手数料取られる分を、お客さんに還元したいとか。

地魚のコースが自慢らしいので、時間作ってまた行きたいなぁ。
[PR]
# by gacchosan | 2016-02-21 13:35 | グルメ | Comments(2)
肉に魚に
長らくの放置となっておりました。

釣果はイマイチなれど、うまいものは食いたい!
ということで、メバルの薄造り肝のせを作ってみました。

a0030715_12502182.jpg


カワハギではおなじみですが、メバルの肝でも濃厚な味はないものの、なかなかええ感じでいただけます。

うまいよ~


でも、たまには肉も食いたいと思いたち、うまい肉といえばここ!
葉菜の森に買いに行ってきました。

国産牛のホルモンとか、あれこれ
a0030715_12544632.jpg

てっちゃんとか・・・
最近、スーパーで見かけませんよね?
国産牛おテッチャンにミノ、ほかにもいろいろありますが、あまり買っても食えないのでこのくらいに。

ほんまうまい!


そういえば以前に、一種類で多くあっても食えないから、何種類か少しずつセットして欲しいとお願いしてたんです。
a0030715_12582450.jpg

まだ量がちょっと多すぎる気がしますが、ちょっと進歩?
出来れば、2人前くらいの量を取り揃えて・・・
そうそう、肉屋さんのミノとかの雰囲気でお願いしたいものです。
タイとブリとタコとかね。

そろそろ、ヒロメのしゃぶしゃぶが食べたいなぁ~
[PR]
# by gacchosan | 2016-02-14 13:01 | グルメ | Comments(0)


by gacchosan
プロフィールを見る
画像一覧
my homepage&お気に入り
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
お気に入りブログ
最新のコメント
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧